サービスの内容と料金

提供するサービスの内容と料金について(契約書第7条参照)

(1) サービス内容

 1 居宅サービス計画の作成
 2 居宅サービス事業者との連絡調整
 3 サービス実施状況把握、評価
 4 給付管理
 5 要介護認定申請に対する協力、援助
 6 相談業務

(2)    料金

  【厚生労働大臣が定める基準額】 
     要介護1・2 10,000円
     要介護3・4・5 13,000円
   
     初期加算 3,000円
     特定事業所加算 3,000円
  
  【支援評価加算】 
     認知症加算 1,500円
     独居高齢者加算 1,500円
     入院時情報連携加算(Ⅰ)  2,000円
     入院時情報連携加算(Ⅱ) 1,000円
     退院・退所加算 3,000円
     小規模多機能型連携加算 3,000円
     複合型サービス事業所連携加算 3,000円
     緊急時等居宅カンファレンス加算 2,000円

提供するサービスの料金について
【厚生労働大臣の定める1カ月の基準額】

要介護 1・2    10,000円
要介護 3・4・5   13,000円

基準額と合わせて算定できる加算について

①ケアプランを作成し初めてサービスを利用された場合に算定できる加算
(初期加算 3,000円)
②国が定めた要件を満たしている事で事業所が算定できる加算
(特定事業所加算Ⅱ  3,000円)
③その他、ご本人の状況によって算定させて頂く加算項目があります。

一.介護保険が適用される場合は、以上の報酬は直接介護保険から事業所に給付されますので、契約者のご負担はありません。
ニ.  ただし、契約者に保険料の滞納がある場合は、契約者より全額料金をいただき、当事業所が発行する証明書をもって後日払い戻しとなる場合があります。
三.滞納の期間によっては、全額契約者のご負担となる場合もあります。

その他の費用について 
交通費   契約者のお宅が当事業所の事業実施地域以外にあるときは、
通常の事業実施地域を越えた部分について、5キロまでは3000円、
1キロを増すごとに300円の交通費の実費をいただきます。
複写物の交付  1枚につき10円。その都度お支払いください。
(記録の写しの交付です)
サービス実施のために利用者のお宅で使用する電話料金 やむを得ずお宅の電話を使用した場合、契約者の負担になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加