居宅介護支援事業所

居宅介護支援について

介護支援専門員(ケアマネジャー)がご本人やご家族から介護にかかる相談に応じて居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、介護サービスの紹介や利用が出来るように調整させて頂き、可能な限り在宅で自立した暮らしが送れるように支援していきます。

対象者:介護保険制度における要介護1~要介護5の認定を受けた方。
サービス内容:
・対象者及びそのご家族と相談し、希望に沿った介護について居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。
・介護サービスを利用出来るようにサービス事業者と連絡調整します。
・サービスの実施状況を把握し、変更が必要であれば対応します。
・介護を必要とする方やご家族の方に介護や日常生活についてのご相談に応じ、アドバイスをさせて頂きます。
契約からサービス利用になるまでの介護支援専門員(ケアマネジャー)の動き
1.契約
事業所の事や約束事を説明します。
2.対象者ご本人の生活全般についてお聞きします。
・生活に対するご本人の希望を確認します。
・生活に対する目標を一緒に考えます。
3.居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。
4.サービス提供事業者と一緒に自宅訪問し、以下の内容について確認の場を持ちます。
・居宅サービス計画書及びサービス内容の確認
・サービス利用料金の説明
5.サービス開始
6.月1回訪問して自宅での様子、サービスの利用について確認します。
営業日:月曜日~土曜日 祝祭日も営業(年末年始を除く)
営業時間:午前9時~午後6時
介護支援専門員の人数:4名

苦情・事故等について

平成25年度の苦情の報告と受付(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

苦情の内容
職員の対応に 施設運営
設備関係
サービス内容 金銭関係 その他 合計
0 0 0 0 0 0
誰から伝えられたか
ご本人
ご家族より
第三者委員より 地域の方より 行政より その他 合計
0 0 0 0 0 0
誰に伝えられたか
施設に 職員に 法人本部に 第三者委員に その他 合計
0 0 0 0 0 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加