サービスと利用料金

当事業所が提供するサービスと利用料金について
当施設では、ご契約者に対して通所介護サービスを提供します。
また、
(1)利用料金が介護保険から給付される場合
(2)利用料金の全額をご契約者に負担いただく場合
があります。

(1) 介護保険の給付の対象となるサービス(契約書第4条参照)
以下のサービスについては、利用料金の大部分(通常9割)が介護保険から給付されます。

サービスの概要(通所介護) 
(1)食事 ・当事業所では、栄養士の立てる献立表により、栄養並びにご契約者の身体の状況を考 慮した食事を提供し介助を行います。
(食事時間) 昼食 12:00~13:00 
(2)入浴 ・入浴介助を行います。寝たきりでも機械浴槽を使用して入浴することができます。
(3)排泄 ・ご契約者の排せつの介助を行います。
(4)機能訓練 ・機能訓練指導員により、ご契約者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練を実施します。
(5)健康管理 ・看護職員が、健康管理を行います。

 利用料金について 

〇通所介護      
一般通所介護     単位:円
ご契約者の要介護度
及び利用時間
1.サービス利用料金 2.内介護保険から
 給付される金額
3.サービス利用に
 係る自己負担金(1-2)
要介護1   6,060 5,454 606
5-7時間      
要介護1   6,950 6,255 695
7-9時間      
       
要介護2   7,130 6,417 713
5-7時間      
要介護2   8,170 7,353 817
7-9時間      
       
要介護3   8,200 7,218 820
5-7時間      
要介護3   9,440 8,496 944
7-9時間      
       
要介護4   9,270 8,343 927
5-7時間      
要介護4   10,710 9,639 1,071
7-9時間      
       
要介護5   10,340 9,306 1,034
5-7時間      
要介護5   11,970 10,773 1,197
7-9時間      
       
       
認知症通所介護      単位:円
ご契約者の要介護度
及び利用時間
1.サービス利用料金 2.内介護保険から
 給付される金額
3.サービス利用に
 係る自己負担金(1-2)
要介護1   9,100 8,190 910
5-7時間      
要介護1   10,360 9,324 1,036
7-9時間      
       
要介護2   10,070 9,063 1,007
5-7時間      
要介護2   11,480 10,332 1,148
7-9時間      
       
要介護3   11,040 9,936 1,104
5-7時間      
要介護3   12,610 11,349 1,261
7-9時間      
       
要介護4   12,010 10,809 1,201
5-7時間      
要介護4   13,740 12,366 1,374
7-9時間      
       
要介護5   12,990 11,691 1,299
5-7時間      
要介護5   14,860 13,374 1,486
7-9時間      

上記利用料金に加え、次のものが自己負担額に加算されます。
一般通所  介護職員処遇改善加算(Ⅰ)  (所定単位数の1000分の19)
一般通所  介護職員処遇改善加算(Ⅱ)  (上記加算(Ⅰ)の100分の90)
一般通所  介護職員処遇改善加算(Ⅲ)  (上記加算(Ⅰ)の100分の80)
認知症通所 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)  (所定単位数の1000分の29)
認知症通所 介護職員処遇改善加算(Ⅱ)  (上記加算(Ⅰ)の100分の90)
認知症通所 介護職員処遇改善加算(Ⅲ)  (上記加算(Ⅰ)の100分の80)
一般通所  サービス提供体制強化加算(Ⅰ)  (12円)
一般通所  サービス提供体制強化加算(Ⅱ)  ( 6円)
認知症通所 サービス提供体制強化加算(Ⅰ)  (12円)
認知症通所 サービス提供体制強化加算(Ⅱ)  ( 6円)

利用希望に応じて、次のものが自己負担額に加算されます。
入浴加算            (50円)
一般通所  個別機能訓練加算(Ⅰ)      (42円)
一般通所  個別機能訓練加算(Ⅱ)      (50円)
認知症通所 個別機能訓練加算        (27円)

☆ご契約者が未だ要介護認定を受けていない場合には、サービス利用料金の全額をいったんお支払いいただきます。

要支援又は要介護の認定を受けた後、自己負担額を除く金額が介護保険から払い戻されます(償還払い)。また、居宅サービス計画が作成されていない場合も償還払いとなります。償還払いとなる場合、ご契約者が保険給付の申請を行うために必要となる事項を記載した「サービス提供証明書」を交付します。

☆介護保険からの給付額に変更のあった場合、変更された額に合わせて、ご契約者の負担額を変更します。

☆契約者が介護保険料に未納がある場合には、自己負担額については上表と異なることがあります。

(2)介護保険の給付対象とならないサービス(契約書第5条、第7条参照)

 以下のサービスは、利用料金の全額がご契約者の負担となります。

 (i)〈サービスの概要と利用料金〉

(1)介護保険給付の支給限度額を超えるサービス

介護保険給付の支給限度額を超えたサービスを利用される場合は、前記5(1)(ⅱ)のサービス利用料金表に定められた「サービス利用料金」欄の全額(自己負担額ではありません。また加算分は含まれます。)が必要となります。

(2)複写物の交付

ご契約者は、サービス提供についての記録その他複写物を必要とする場合には実費相当分をご負担いただきます。( 1枚につき 10円)

(3)食事の提供

ご契約者に提供する食事にかかる費用です。料金: 1回あたり昼食550円 おやつ代50円

(4)レクリェーション、クラブ活動

ご契約者の希望によりレクリェーション、クラブ活動に参加していただくことができます。  利用料金:材料代等の実費をいただきます。

(5)日常生活上必要となる諸費用実費

日常生活品の購入代金等ご契約者の日常生活に要する費用でご契約者に負担いただくことが適当であるものにかかる費用を負担いただきます。

(6)通常の事業実施区域外への送迎

通常の事業実施地域外の地区にお住まいの方で、当事業所のサービスを利用される場合は、通常の事業実施地域を越えた部分について実費相当額として下記の料金をいただきます。

  事業実施区外地域: 5kmまでは3000円、 5kmを超えると1km毎に300円

(7)おむつ代(実費相当額)

 ☆経済状況の変化その他やむを得ない事由がある場合、相当な額に変更することがあります。その場合事前に変更の内容と変更する事由について、変更を行う1ヶ月前までにご 説明します。

(3)利用料金のお支払い方法(契約書第7条参照)

前記(1)、(2)の料金・費用は、サービス利用終了時毎に、その都度現金でお支払い下さい。

(4)利用の中止、変更、追加(契約書第8条参照)

○利用予定日の前に、ご契約者の都合により、サービスの利用を中止又は変更、もしくは新たなサービスの利用を追加することができます。この場合、利用予定日の前々日までに事業者に申し出て下さい。

○サービス利用の変更・追加の申し出に対して、事業所の稼働状況により契約者の希望する期間にサービスの提供ができない場合、他の利用可能期間又は日時を契約者に提示して協議します。

(5)サービス利用中の医療の提供について

医療を必要とする場合には、ご契約者の希望により、下記協力医療機関において診療や入院治療を受けることができます。
(但し、下記医療機関での優先的な診療・入院治療を保障するものではありません。また、下記医療機関での診療・入院治療を義務づけるものでもありません。)

協力医療機関  
医療機関の名称 赤穂記念病院
所在地 赤穂市塩屋3450-5
診療科 内科、消化器科、循環器科、リハビリテーション科

事故発生時の対応について
事故が発生した場合には、契約者やその家族に対し速やかに状況を報告、説明し、その被害の拡大防止を図るなど必要な措置を講じます。

サービスの利用に関する留意事項

(1) 持ち込みの制限
  利用にあたり、以下のものは原則として持ち込むことができません。
         (1)    もっぱら喫煙用に用いる以外の火気
         (2)    他人を殺傷する恐れのある刃物類
         (3)    酒類等
         (4)    その他通所介護の利用に際し、不適当と思われる物品

(2) 施設・設備の使用上の注意(契約書第12条、第13条参照)
   ○共用施設、敷地をその本来の用途に従って利用して下さい。
   ○故意に、またはわずかな注意を払えば避けられたにもかかわらず、施設、設備を壊したり、汚したりした場合には、ご契約者に自己負担により原状に復していただくか、又は相当の代価をお支払いいただく場合があります。
   ○当事業所の職員や他の利用者に対し、迷惑を及ぼすような宗教活動、政治活動、営利活動などを行うことはできません。

(3) 喫煙
   施設内の喫煙スペース以外での喫煙はできません。

サービス提供における事業者の義務

当事業所は、ご契約者に対してサービスを提供するにあたって、ご契約者の生命、身体、生活環境等の安全やプライバシーの保護などに配慮するなど、契約書第13条、第14条に規定される義務を負います。
当事業所では、ご契約者に対してサービスを提供するにあたって、次のことを守ります。

(1) ご契約者の生命、身体、財産の安全に配慮します。
(2) ご契約者の体調、健康状態からみて必要な場合には、医師又は看護職員と連 携の上、ご契約者から聴取、確認します。
(3) ご契約者に提供したサービスについて記録を作成し、2年間保管するとともに、ご契約者の請求に応じて閲覧させ、複写物を交付します。ただし、コピー代は有料となります。
(4) ご契約者に対する身体的拘束その他行動を制限する行為を行いません。
 ただし、ご契約者または他の利用者等の生命、身体を保護するために緊急やを得ない場合には、記録を記載するなど、適正な手続により身体等を拘束する場合があります。
(5) ご契約者へのサービス提供時において、ご契約者に病状の急変が生じた場合その他必要な場合には、速やかに主治医又はあらかじめ定めた協力医療機関への連絡を行う等必要な処置を講じます。
(6) 事業者及びサービス従事者または従業員は、サービスを提供するにあたって知り得たご契約者またはご家族等に関する事項を正当な理由なく、第三者に漏洩しません(守秘義務)。
 ただし、ご契約者に医療上の必要がある場合には、医療機関等にご契約者の心身等の情報を提供します。
 また、ご契約者との契約の終了に伴う援助を行う際には、ご契約者の同意を得ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加