保育園のあり方

保育園の特徴

1)子どもの1日24時間を見通した生活リズムを家庭と連携して整え、子どもたちが主体的に保育園生活を過ごせるように養護の部分を大切にした保育を行います。
例:健康・安全面の管理体制の充実(看護師の配置)、毎日の連絡ノートのやりとり(全園児)
2)子ども一人ひとりの発達に応じた保育環境の設定に配慮します。
例:身体機能の発達を促す遊びの取り入れ、月齢を考慮した進級、夕方保育の実践
3)子ども一人ひとりの発達に応じた教育的保育環境の設定に配慮します。
例:0~2歳児・・・年齢に応じた表現遊び
3歳以上児・・・専門講師の指導による特別カリキュラム(英語・音楽・絵画・運動)
4)子どもたちが生活する場=「大きなおうち」であることから、食事など生活の営みを経験することが出来る保育環境の設定に配慮します。
例:食育の実践(クッキング保育や栽培活動)、生活遊びの実践
5)少子の時代に育つ子どもたちであることから、異年齢児の関わりを多く取り入れ、子どもだけの世界で自らから学ぶ保育環境の設定に配慮します。
例:異年齢児構成の生活グループでの活動、乳児クラスとのふれあい遊び
6)地域の一員であることの自覚につながる保育環境の設定に配慮します。
例:園外の公園へのお出かけ、地元天寿会との交流、近隣施設への訪問、公園の清掃活動
7)保護者の思いに寄り添い、子ども達の成長を共に願い喜びます。
例:定期的な保護者懇談会の実施、随時の個人面談対応、保育園満足度調査の実施
子育て支援委員会による子育てに関するカンファレンスの開催
常に保育の様子が見ることができるWEBカメラの設置
8)保育園が地域の社会福祉資源であることを心がけます。
例:一時預かり・休日保育の実施、保育体験の実施、地域の子育て世代参加の子育て支援事業の開催

デイリープログラム 

  0歳児クラス 1歳児クラス 2・3・4・5歳児クラス
7:00 随時登園 随時登園 随時登園
7:30 ふれあい遊び  自由遊び ・自由遊び
  ・オシメ交換(以後適宜) ・排泄(以後適宜) ・排泄(以後適宜)
  ・手洗い(以後適宜) ・体操  (冬はマラソンタイム)
    ・手洗い(以後適宜) ・手洗い(以後適宜)
9:00 おやつ おやつ おやつ(2歳児)
      水分補給(3歳以上児)
9:30 クラスの活動 朝礼・うたの時間 朝礼・うたの時間
  ・ベビーマッサージ    
9:50 授乳  クラスの活動 午前の活動 
      ・グループ活動
11:00 昼食 昼食(11:15~) ・特別カリキュラム(年齢別)
       昼食
11:30 授乳   ・2歳児11:30
12:00 順次お昼寝 順次お昼寝 ・3歳以上児は生活グループ
      ごとに12:00~順次
12:30     歯磨き
13:00     お昼寝(または自由遊び)
14:45 順次起床 起床 起床
15:00 おやつ(3回食児) おやつ おやつ
15:30 降礼  ・随時降園   降礼   ・随時降園
16:00 授乳 降礼 ・随時降園 夕方の保育=異年齢児保育
16:30 夕方の保育 夕方の保育 ・屋上での運動遊び
17:00 ・ふれあい遊び  ・室内コーナー遊び ・室内コーナー遊び
17:30   ・ピロティでの遊び  
  18:00以降は延長保育時間
19:00 全員、降園

  特別保育事業
1)延長保育事業
  18:00~19:00は延長保育として保育を行います。
2)一時預かり事業
  就学前までで様々な理由で一時保育として保育園を利用できます。
  保育時間  8:00~18:00
3)休日保育事業
  休日において、保護者のいずれもが就労等で児童の保育ができない場合に保育を行う事業です。
  保育時間  8:00~18:00
4)子育て支援事業
  地域の子育てを支援する為に地域の親子参加型の行事の開催や育児相談を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加